四季の住まい株式会社
四季の住まい

四季の住まい

群馬の新築なら「四季の住まい」展示場ご来場予約資料請求はこちらから

四季の住まいが作る家。
それは、ご家族の暮らしをより良いものにする家。
展示場詳細を見る

当社施工事例一覧

趣味と庭を愉しめる、平屋建ての家

『家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろぎ住居は、堪え難き事なり。家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りと思へど、興あるものなれ。』
このような家を願っておりましたが、老夫婦にとって終の棲家としては、最高の住まいを創っていただきました。
未曾有の巨大地震にもびくともせず、計画停電でも料理を作ることができ(ガステーブル)、暖かい部屋(エアパス工法の家)で食事をし、お風呂にも入れます(エコキュート)。
改めて感謝しています。

>>続きを見る

木をふんだんに使った、家中に光が差し込む家

家が出来上がるに従い、イメージが膨らみ変更や新たな要望が出てきましたが、担当の方は嫌な顔もせずアドバイスを頂きながら対応してくださり、ありがたかったです。
引っ越しの時は、1月下旬の真冬でしたが、1階・2階とも大きな温度差もなく暖かく過ごすことが出来ました。共働きという生活スタイルに合わせて提案していただいた間取りで、家事もスムーズにこなすことが出来良かったです。
1番多く木を取り入れたリビング・ダイニングは、家の中で一番落ち着ける空間で、休日は家族でのんびり過ごせてます。家が出来上がった今も、庭造りや子供の成長に合わせた子供部屋の工夫など、まだまだ楽しみなことがいっぱいです。これからも、四季の住まいさんのアドバイスを頂きながら楽しく過ごしていきたいです。

>>続きを見る

家族がくつろぐ畳コーナーのある家

高崎住宅公園展示場を訪れ、木の香りと間取りに惹かれたのが「四季の住まい」さんを知ったきっかけです。 家づくりを検討し始めた頃は夫婦ともそんなにこだわりはなかったのですが、打合せの度に自分たちの「こだわり」を引き出して頂いたように思います。
その結果、間取りや外観や設備だけでなく、コンセントの位置や数に至るまで、大きなものから小さなものまで、たくさんの「こだわり」を詰め込んだ家を造っていただくことができました。
工事が始まってからも色々なわがままを叶えていただきました。
四季の住まいの皆さまと一緒に楽しく家づくりができました。
色々なわがままを叶えていただき、ありがとうございました!!
今はまだ真新しい家ですが、徐々に「味」が出てくるのを楽しみに暮らしていきたいと思います。

>>続きを見る

展示場ご来場予約 新築カタログ資料請求

お客様インタビュー

展示場ご来場予約 新築カタログ資料請求

四季の住まいの作る家

裸足で踏みしめると自然のぬくもりが感じられる厚手(15~30mm)の無垢材(杉・桧・唐松・クルミ・サクラ)を床材だけでなく、柱や梁、建具にもふんだんに使用。ご要望があれば、家具も無垢材でおつくりします。

断熱材はフロンを使うウレタンフォームではなく、再利用可能なポリスチレンフォームを採用しました。床材の塗装には植物由来の自然素材ワックスを使い、接合面にも極力接着剤は使いません(※注1)。内装は調湿効果のある漆喰や無垢板、紙を中心に仕上げます。ボンドで加工された合板や集成材を極力使わない、本当の健康住宅にこだわっています。

注1)接着剤を一切使わない家づくりも可能です。

エアパス工法は自然エネルギーである、太陽熱を必要に応じて有効活用できます。 床下・小屋換気口を取付け、壁・屋根に断熱材を挟んだ2重の通気層をつくり、ダンパーを通じて空気を通します。家中どの面からも熱吸収できる仕組なのです。

住む方が暑いと感じれば、夏モードに切り替え、寒いと感じれば冬モードに切り替えられます。切り替えは、手動で簡単に出来ます。住む方の感じ方もそれぞれですから、各ご家庭ごとに自由に調整ができ、いつも構造材が乾燥状態で維持できることが快適性と耐久性を上げる最大のメリットです。

展示場ご来場予約 新築カタログ資料請求

住まいづくりの理念

住まいづくりにかける想い

かねてから、私は家を建てるには輸入材ではなく、
地域の気候風土で育った地元の木材を使うべきだと考えていました。
ですが国産材は値段が高く、どうしても建築コストに跳ね返ってしまう。何とか良質の国産材を手に入れられないものかと、何年も研究を続けてきました。その結果分かったのは、輸入材は樹齢数百年ほどの老木でくるいが少ないのに対し、国産材は大半が50~80年くらいと若いため、製材段階で縮み、割れ、ねじれが生じやすいことがコスト高の要因だということ。
これは乾燥技術の問題から来ているので、きちんとした乾燥を施せば若木でも良質な構造材になり、価格も下げられると考えました。

私は、この低温除湿乾燥機を提携している製材所に設置していただき、そこから材木を購入することにしました。これにより高品質な県産材を安く大量に使うことができるようになったのです。


不器用なくらい曲がったことが嫌いな私の性格のせいか、四季の住まいの家づくりも真っ正直です。合板や集成材、壁紙を使ってコストを下げるくらいなら、多少値段が高くなっても、見えないところまで良質な無垢材を使い、百年以上住み続けられる本物の健康住宅をつくりたいのです。
家は、施主さんの家族を守るとても大切な財産です。そのかけがえのない財産を手がけさせていただく建築会社は、嘘をついてはいけないと思うのです。施主さんから「四季の住まいで家を建てて本当に良かった」と言っていただけるよう、私たちはいつまでも誠心誠意の家づくりを続けていきます。

四季の住まい 代表取締役 小井土靖

展示場ご来場予約 新築カタログ資料請求

営業の仕事

世間では「3軒建てないと満足できる家は建てられない」と言いますが、私はそんなことはないと思っています。
3軒建てないと満足できないのは、1軒目はお客様が家のつくり方が分からないためであり、2軒目は1軒目の改善点が見えるものの比較ができないせいであり、結局は正確に要望を伝えられないことが最大の問題だと思うのです。

家づくりをされるときには、どんな些細なことでも、気軽に私たち営業に声をかけてください。できることはできる、できないことはできない、私たちはいつでも正直にお答えします。
弊社を選んでくださったお客様に、私達は十分な時間をかけ、お互いを理解する事に努めます。その中から、それぞれのお客様に一番あった、ご提案をしっかりとつくりだします。
家というのは正直なもので、ごまかしたり、手抜きをしたりすると、必ず後で問題が起きるものです。私たちは、そんな家づくりだけは絶対にしたくないのです。

四季の住まい 常務取締役 悴田勝利

四季の住まい 
四季の住まい
群馬の新築なら「四季の住まい」
展示場ご来場予約
資料請求はこちらから

【全国で注文住宅をお探しの方のための総合情報ポータルサイト】

Copyright © 注文住宅ネット All Rights Reserved