失敗しないポイント~違い~

失敗しないポイント~違い~

ハウスメーカーとは?

「ハウスメーカー」という言葉をよく耳にしますが、「ハウスメーカー」とは主に戸建て住宅を建設している住宅メーカーのことを指す言葉なのです。

ハウスメーカーは、あらかじめ工場でパネルなどの構造部材や設備を作り、現場で組み立てる工法を採用しています。
そのため、戸建てをシステム的かつ短時間で効率よく建てることができるのです。

また、マンションやアパートなどを含めて全国展開している大手ハウスメーカーもありますし、地域を限定して数千棟、数百棟規模で展開している地域密着のハウスメーカーもあります。

仕様や設備を実際に確かめることができるモデルハウスを営業の拠点としているハウスメーカーが多いです。

設計事務所とは?

建設設計事務所とは、客の要望やこだわりをしっかり聞き入れ、一軒の家を「作品」と捉えて建設していることが多いと言えます。

工務店や大工などの業者に施工を依頼してから建物の設計や工事管理をしますが、金融機関との調整も行うなど、いわゆるプロデューサー的な立場で家作りを行っているのです。

設計事務所とは別に、「自分で工務店を探してきて、施工のみそちらに依頼する」ということもあるのです。
設計費用は基本的に割高になる傾向にありますが、ゼロから設計するので自分の要望をそのまま形にすることも可能です。

ハウスメーカーと設計事務所の比較

実際に設備を確かめることができるモデルハウスがあるので、完成後のトラブルが少ないのが「ハウスメーカー」です。
チェーン展開しているハウスメーカーも多いことから従業員への教育がしっかりと行き届いていることが多く、担当の営業への不満も少ないことも特徴的です。

しかしながら、ハウスメーカーにもデメリットがあるのです。
各社によって異なりますが、注文住宅の幅が限定されてしまうのです。
自分で「こういう家に住みたい!」というイメージがしっかりと出来上がっている方は、設計事務所の方が融通が利く可能性が高いです。

建設事務所は、注文住宅の幅が広く自分の希望に近い家を建てることができるという点でハウスメーカーより優れていると言えます。
しかしながら、ゼロから設計するため完成予想図を実際に見ることはできずイメージの世界での完成後の姿を想像してしまうために、「イメージと違った」「こんなはずではなかった」といった完成後のトラブルが多いようです。

【全国で注文住宅をお探しの方のための総合情報ポータルサイト】

Copyright © 注文住宅ネット All Rights Reserved