注文住宅の費用

注文住宅の費用

家や土地以外に何がかかるの?

注文住宅の費用は土地や家そのもの費用だけでないことをご存知でしたでしょうか?
これらの費用の他にも、家を建てるための費用がいろいろとかかってくるのです。

例えば、
工事費用
設計料
測量費
地盤調査費
などが、その費用に当たります。

また土地や家を建てるために必要な費用の他にも、様々な費用がかかってきます。
たとえば
確認申請や登記など、役場への諸手続に関する費用
引っ越し代
保険料
など、様々な種類の費用がかかってきます。

当然のことながら、上記に挙げた各費用もあらかじめ予算に組み入れておかなければいけません。

どのくらい必要?

一軒の家を建てるのにかかる費用は、土地や家本体の価格によって異なってくるので一概に言えないのが現実です。
しかしながら、おおよその目安について、順を追ってご紹介いたしますので、ご参考ください。

【家を建てるのにかかる費用】
●家本体の工事価格
坪単価×建坪数で計算できるのです。
たとえば、坪単価50万円で20坪の家を建てる場合は「50万円×20坪=1000万円」となります。

●設計料
設計量は、「工事価格の8%から10%」です。

●測量費・地盤調査料
建築予定地の面積や形状や隣地との位置関係など測量したり地盤の強度を測定したりするための費用のことです。
約10万円程度です。

●地盤補強料
地盤調査の結果、補強工事が必要になってしまった場合にのみ発生する費用です。
補強する必要の度合いによって変わってくるので一概に言えませんが、土地の地盤によって「100万円以上」の費用がかかる場合もあります。
意外に侮れない費用ですので、土地選びは慎重に行う必要があるのです。

【全国で注文住宅をお探しの方のための総合情報ポータルサイト】

Copyright © 注文住宅ネット All Rights Reserved